奈良県広陵町
  日本共産党議員団のホームページにようこそ

日本共産党 広陵町議会議員団は
八尾春雄議員と山田みつよ議員 二人の議員で活動しています。


自治体が、安倍政権の社会保障大削減、暮らし圧迫の悪政を、そのまま持ち込み、住民に負担を強いるのか、それとも、住民を守る「防波堤」としての、本来の役割をはたすのかが、鋭く問われています。

 日本共産党は、住民のくらし、福祉、子育てを守り応援する仕事に真正面からとりくむ地方自治体にするために全力をあげます。

image7.gif

image.jpg

八尾春雄議員(やつお はるお)
連絡先 TEL 0745-60-0972 
    FAX 0745-55-6506 
〒635-0831北葛城郡広陵町馬見北5丁目10-17
メールアドレス 
snkb30217@hera.eonet.ne.jp

image8.gif

image1.jpg

山田みつよ議員(やまだ みつよ)
連絡先 TEL 0745-55-7003 
    FAX 0745-55-7003
〒635-0823北葛城郡広陵町大字三吉1713
メールアドレス 
my22@kcn.jp

最新情報
2018年11月29日
平成30年12月議会一般質問通告書 八尾春雄議員
平成30年12月議会一般質問通告書 山田美津代議員


これまでの更新内容


一人で悩まず ご連絡下さい。
一緒に解決しましょう!    
ご意見・ご要望・ご相談は議員まで

image_kouryou_chizu.jpg
生活相談エリア地図(二人の議員で分担してしいます)

累計カウント :
昨日カウント :
本日カウント :

2018(平成30)年 議会のおしらせ

2018(平成30)年12月議会
一般質問の内容
八尾春雄議員
①元気号の運行改定に当たっては、少なくとも現状より改善するのが大前提ではないのか。
②おむつの処理について
③教員の過重労働改善について
④生活保護制度利用世帯の大学進学について
⑤町役場や町営施設で障がい者雇用比率2.3%は達成しているのか?

2018(平成30)年12月議会
一般質問の内容
山田美津代議員
①空き家のアンケート調査は2年前終了しているがこの後の進捗状況と、“空き家を活用した移住・定住支援の充実”に対しての今の状況をお聞きします。
②今年4月から妊婦が、診察を受けると妊婦加算がされ負担増になっています。福祉の町として補助を出す計画を持っては?
③“大変な時こそ寄り添います”と大分県別府市などでお悔みコーナーを設けておられ好評と報道がされていました。本町でも設置されては?
④高すぎて払えない国民健康保険税の算定基準の内、平等割を廃止して少しでも安い国民健康保険にしては?

94AA94F651.jpg
八尾春雄議員議会報告
8ER93c54.jpg
山田美津代議員議会報告
sign.jpg
意見書の採択状況・意見書詳細・共産党提出意見書の論戦

CIMG6653.jpg
広陵町長への要望・懇談
sign.jpg
特別委員会コーナー
a0960_008426_m.jpg
意見書・決議(案)


DSCN11035B15D.jpg
自治体キャラバン

image1.jpg
広陵民報

imai01.jpg
赤旗号外

image.jpg
奈良県議会
今井光子議員のホームページ

img_cacth.jpg
5名の奈良県議会議員団の活動は
こちらからご覧ください


議会での討論模様


 平成29年5月16日臨時議会において、坂口友良議員から保育園園舎に関する不適切な町の対応を監査委員に監査請求する決議案が提案された。八尾議員が4月24日の臨時議会において、町の不適切な対応を問題にして、副町長に対して辞職勧告決議を可決しており順序が逆であること等を指摘し反対討論を行った。採決では賛成6名となり賛成少数で否決となった。

八尾春雄議員の反対討論を紹介

 平成29年4月14日開催された臨時議会において、副町長辞職勧告決議案が提出された。日本共産党議員団は、法令遵守の観点からこの意見書に賛成した。採決は賛成6、反対5、棄権2(公明党議員団)となり可決された。この決議は解任決議でなく勧告決議であるため、法的拘束力がなく、副町長の判断が注目される。八尾春雄議員の賛成討論を紹介します。

八尾春雄議員の賛成討論を紹介

平成29年3月 
 第一回広陵町3月議会において30議案が提案され(平成29年度予算8本を除く)日本共産党議員団は24議案に賛成し、下記に示す6議案に反対しました。論戦のあらましを紹介いたします。

日本共産党議員団による論戦のあらまし

平成28年12月

12月議会で、議案第59号広陵町農業委員会委員及び農地利用最適化推進委員の定数を定める条例の制定について審議された。山田美津代議員による反対討論を紹介します。

山田美津代議員による反対討論

平成28年9月

9月議会に、平成27年度決算が報告提案された。単年度で7億円の黒字となり前年までの27億円の黒字と合算して34億円の累積黒字を計上した。日本共産党議員団は、この黒字は住民が負担した税金のたくわえであり、住民が求める施策に計画的に使って住民に還元するように提案している。
 以下、八尾議員が行った平成27年度一般会計決算に対する反対討論である。

平成27年度一般会計決算に対する反対討論

臨時議会での論戦平成28年7月29日

議会は土地使用料の無償を容認!このような財産放棄は許されない。
 平成28年7月29日、広陵町議会は広陵・香芝中学校共同給食センターの香芝市側土地使用料を無償とする議決を行った。町の事前の試算では30年で1億円に及ぶ使用料を無償にすることは筋が通らないと日本共産党議員団のみが反対を表明した。

反対意見を述べた八尾議員の討論は次のとおりである。